商業省、輸出ライセンスが必要となる12品目を公表

(ミャンマー)

アジア大洋州課

2022年04月05日

ミャンマー商業省は3月9日付で、新たに輸出ライセンスが必要な12品目PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を公表した。今回新たに追加した品目は、トウモロコシの種子、ポップコーン、トウモロコシ粉、穀実用モロコシの種子、小麦以外の穀物粉などが該当し、4月1日から適用されている。商業省は2020年7月に国家の安全保障や食料確保、環境保全の観点から、輸出ライセンスが必要な品目を指定する通達第 51/2020 号を発出し、1,224品目を対象とした。今回はこれに12品目を追加したかたちとなる。

各品目のHSコードを含めた詳細は上記の商業省の資料から確認が可能だ。この資料はミャンマー語だが、品目リストは3ページ目に英語でも記載されている。

(アジア大洋州課)

(ミャンマー)

ビジネス短信 f79f53fe53001398

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp