暗号資産取引所バイナンス、ステーションFにウェブ3支援スペース開設

(フランス)

パリ発

2022年04月18日

暗号資産取引所バイナンスは4月14日、パリにある世界最大級のインキュベーション施設ステーションFに「ウェブ3(Web3.0、分散型ブロックチェーンをベースとする次世代のインターネット)分野のクリエーターや起業家を支援するスペース」を開設した(ステーションFの同日付プレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

同社の2021年11月の発表によると、フランスに1億ユーロを投資し、フランスをヨーロッパの暗号コミュニティーの中心とすることを目指すプロジェクト(オブジェクティブ・ムーン)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの一環。フランスフィンテック外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(注)と提携し、フランスと欧州のブロックチェーンと暗号資産エコシステムの発展を支援することを目的とする。

具体的には、同社がステーションFでアーリーステージ向けスタートアップ支援プログラムを設定して、専門家の知識とノウハウを最も有望な新プロジェクトに提供する。選ばれたスタートアップは、ステーションFの施設利用期間中の無料宿泊、ステーションFが提供するベンチャーキャピタル、テック企業、行政機関などへのアクセスの恩恵を享受する。さらに、バイナンスのブロックチェーンであるBNBチェーン、ブロックチェーンのエンジニアチームであるNFTラボ、バイナンスのベンチャーキャピタル部門であるバイナンスラボによるアイデアやプロジェクトの設計、開発、改良のための支援を受けることができる。

バイナンスの最高経営責任者(CEO)チャンポン・ジャオ氏は「ブロックチェーン、ウェブ3、メタバース(仮想現実空間)を取り巻く強力なエコシステムを構築し、支援することに尽力する。ヨーロッパへの発射台としてフランスでスタートし、このスペースを創造的で革新的な拠点として利用することを目指している」と述べた。一方、ステーションFのディレクターのロクサンヌ・バルザ氏は「ブロックチェーンと暗号をもっと理解したいという全ての人々にとって、ステーションFがウェブ3の世界に入る手助けになることを願う」と歓迎の意を表した。

(注)2015年設立のフランスのフィンテックを代表する非営利団体。テック企業、投資ファンド、法律事務所、コンサル、銀行などが会員。

(奥山直子)

(フランス)

ビジネス短信 e3c85cebfd1212f6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp