ビエンチャン・ブンアン鉄道を建設へ、協力覚書を締結

(ラオス、ベトナム)

ビエンチャン発

2022年04月04日

ラオスで石油の輸入販売などを行うペトロリアム・トレーディング・ラオ(PTL)とベトナムの不動産開発大手のFLCグループは3月21日、「ビエンチャン-ブンアン鉄道建設プロジェクト」にかかる協力覚書を締結した(注1)。

同覚書は、ベトナムのグエン・チー・ズン計画投資相のラオス公式訪問(3月21~23日)に合わせて締結された。同鉄道建設プロジェクトは、ラオスの首都ビエンチャンと、ベトナム北中部ハティン省のブンアン港を結ぶ鉄道を新たに建設するもの(添付資料図参照)。総距離は555キロ(ラオス区間452キロ、ベトナム区間103キロ)、運行速度は時速150キロ、開発にかかる投資総額は50億ドルの見込み。完成後は、ラオスからベトナムのブンアン港まで、鉄道による貨物輸送が可能となる(「CafeF」2022年3月28日)。

開発の初期フェーズは、ラオスのカムアン県マハサイ郡から、ベトナムのブンアン港を結ぶ区間で、2022年第4四半期中に建設を開始、その後2年半で同区間を完成させる計画。なお、ブンアン港の開発・運営を行う「ラオスベトナム国際港合同会社」は、ラオス側60%(ラオス政府51%、PTL49%)、ベトナム側40%の株式比率の企業だ(「ビエンチャンタイムス」2022年3月30日)(注2)。同社ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますによれば、現在、ブンアン港は3つの埠頭(ふとう)を備えており、約6万1,000載荷重量トン(DWT)までの船が接岸できる。

写真 ブンアン港の様子(ジェトロ撮影)

ブンアン港の様子(ジェトロ撮影)

(注1)PTLはラオス初の民間上場企業で、ジェトロ作成「LAOS100(前編、35ページ参照)」でも詳しく紹介。

(注2)ラオスベトナム国際港合同会社は、従来はラオス側20%、ベトナム側80%の資本比率だったが、2022年1月のラオスのパンカム・ビパワン首相がベトナムを公式訪問した際に行われた「第44回・ラオスベトナム協力委員会」で、ラオス側を60%に引き上げることに合意。

(山田健一郎)

(ラオス、ベトナム)

ビジネス短信 893a50c426ed2818

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp