入国には2回のワクチン接種証明書と陰性証明書が必要

(イラン)

テヘラン発

2022年04月28日

イランのイマーム・ホメイニ国際空港は、4月12日に新型コロナウイルスにかかる新たな入国手続きを発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。発表によると、感染の状況や変異株の発生状況により、今後は世界中の国を、最もリスクが高いとする「特別国(現在該当なし)」から、「高リスク国(現在該当なし)」、「その他」までの3つのカテゴリに分類し、入国禁止や入国制限などの措置を講じるとしている。

現在のところは全ての国が「その他」に分類されているが、入国前の必要書類や入国手続きは、ジェトロが整理したところ以下のとおり。

1.入国前に準備すべき書類・手続きなど

入国前に準備すべき書類は、2回のワクチン接種証明書(2回目の接種から少なくとも2週間以上経過の必要あり)と、PCR検査による陰性証明書となっている。また、発熱などの症状があった場合には、空港で再度PCR検査の受検が必要となっている。

2.入国手続きの手順

ワクチン接種証明書とPCR検査の陰性証明書を、入国審査前に待機している係官に提示し、係官によるチェックが終わると、入国審査場に移動するという手順になる。なお、入国後の隔離などの行動制限については指示されていない。

また、国際航空運送協会(IATA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますも4月11日付で、ホームページ上のイランの記載事項を更新している(地図上でイランをクリックすると情報を表示)。同サイトによると、イランに入国する乗客は12歳以下を除き、2回のワクチン接種証明書および出発前72時間以内発行の陰性証明書の携行が求められるとしている。

(鈴木隆之、マティン・バリネジャド)

(イラン)

ビジネス短信 52ec137f94985f5e

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp