世界銀行、ウクライナの2022年経済成長率をマイナス45.1%と予測

(ウクライナ、ロシア、ベラルーシ、キルギス、モルドバ、タジキスタン)

欧州ロシアCIS課

2022年04月13日

ロシアの軍事侵攻により、ウクライナ経済に深刻な影響が生じると予想される。世界銀行は4月10日、ウクライナの2022年の経済成長率見通しをマイナス45.1%と発表した。

大幅な落ち込みの要因は、鉄道や橋、港、道路などのインフラ設備が破壊されたことによって経済活動の継続が不可能になったことや、貿易の停止、多くの国民が隣国に避難したことや収入喪失による家計消費の急激な下落など。世界銀行によると、軍事侵攻によってウクライナ企業の約半数が閉鎖に追い込まれ、残りの半数も事業を縮小せざるを得ないという。

ロシアの2022年の経済成長率はマイナス11.2%の見通し。世界各国の経済制裁や国内の需要低下が要因。

ウクライナとロシアに加えて、周辺国のベラルーシやキルギス、モルドバ、タジキスタンでも景気後退が生じると予測されている。

(宮下恵輔)

(ウクライナ、ロシア、ベラルーシ、キルギス、モルドバ、タジキスタン)

ビジネス短信 33c096bfb41b9232

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp