食料品など165品目の関税を6カ月免除、インフレ対策

(コロンビア)

ボゴタ発

2022年03月07日

コロンビア政府は3月3日、インフレ緩和を目的として、国内で生産実績のない食品や食品加工材料、生活用品など165品目について、関税(5~15%)を6カ月間免除する法令307号外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを公布した。対象商品には飲料、小麦粉、穀物、種子、精油、麦芽エキス、タンパク加水分解物、酵母自己消化物、食品添加物、紙製品などがあり、関税番号10桁ベースで指定している。

同国の2022年1月の消費者物価指数は1.67%増、年間では6.94%増だった。マリア・ロンバナ商工観光相は「国内の物価上昇はここ数カ月に見られるサプライチェーンの混乱で、原材料や生産コストが上昇したことが要因となっている。今回の免税措置は物価上昇圧力を緩和するもので、コロンビア人、特に貧困層の家計負担を軽減する目的がある」と述べている。

(豊田哲也)

(コロンビア)

ビジネス短信 336d06b7c244ca14

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp