ドイツとオーストラリア、グリーン水素供給網構築へ資金提供プロジェクト開始

(ドイツ、オーストラリア)

ミュンヘン発

2022年03月17日

ドイツ連邦教育・研究省は3月7日、ドイツとオーストラリア間のグリーン水素(注)サプライチェーン構築に向けた資金提供プロジェクトの募集開始を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。プロジェクトの名称は「HyGATE(German-Australian Hydrogen Innovation and Technology Incubator)」。同プロジェクトでは、ドイツから2団体とオーストラリアから1団体を最小構成メンバー(研究機関、大学、企業が応募可)として、両国間の水素サプライチェーンの開発に向けたパイロットプロジェクトや研究プロジェクトなどの企画を募集し、採用された企画は最大4年間の資金サポートを受けることができる。募集期間は3月8日~5月3日。

この取り組みは、2021年6月のG7サミットで水素分野での協力強化に向けて両国が署名した「ドイツ・オーストラリア水素協定」に基づき、教育・研究省とオーストラリア再生可能エネルギー庁(ARENA)がグリーン水素技術の研究開発促進のために発足させたイニシアチブだ。教育・研究省は最大5,000万ユーロ、ARENAは最大5,000万オーストラリア・ドル(約42億5,000万円、豪ドル、1豪ドル=約85円)を提供する。

ベティナ・シュタク=バツィンガー教育・研究相は「現在、ドイツはロシアからのエネルギー依存脱却が必要であることは明確だ。オーストラリアは再生可能エネルギー供給の大きな可能性を秘めており、グリーン水素の生産国として最適なパートナーだ。両国間のグリーン水素のサプライチェーン構築は、気候中立達成とエネルギー依存からの脱却を実現するための重要な一歩になるだろう」と述べた。

グリーン水素の輸入は、ドイツ連邦政府が2020年6月に採択した「国家水素戦略」(2020年9月9日付地域・分析レポート参照)でも重要な項目として掲げられている。また、ドイツの水素技術がオーストラリアの水素市場に広まることで、ドイツ企業の水素ビジネスも今後加速する見込みだ。

(注)再生可能エネルギー由来の電力を利用して、水を電気分解して生成される水素。製造過程で二酸化炭素を排出しない。

(大河原楓)

(ドイツ、オーストラリア)

ビジネス短信 30b9e3434006db3b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp