サイバーダインがドバイ万博マレーシア館のヘルスケアイベントに登壇

(アラブ首長国連邦、マレーシア、日本)

ドバイ発

2022年01月20日

サイバーダイン(CYBERDYNE、本社:茨城県つくば市)が1月6日、2020年ドバイ国際博覧会(会期:2021年10月1日~2022年3月31日)内のヘルスケアイベントに登壇した。マレーシア館が主催したイベントでは、企業関係者や一般参加者が集まる中、同社が開発した技術が紹介された。

万博主催者のドバイ万博公社は、中東のビジネスハブのドバイで開催されるこの万博を、各国のPRに加えてビジネス機会創出の場としても位置付け、6カ月の会期中に医療、宇宙、食品など10のテーマを扱う「テーマウイーク」を設けている。各参加国もこのテーマウイークに合わせてさまざまなイベントを企画しているが、マレーシア館はビジネスミッションの企画など、積極的にビジネスイベントを実施しているパビリオンの1つだ。今回のイベントは、1月27日~2月2日に行われる「Health&Wellness Week」に先駆けて、マレーシア館が行った。

サイバーダインは世界初の装着型サイボーグ「HAL」の研究開発と技術提供を手掛ける。人が体を動かそうとする時に脳から脊髄、運動ニューロンを経て筋肉に神経信号が伝わり、その際、皮膚表面に微弱な「生体電位信号」を体表に出す。「HAL」は、この生体電位信号を装着者の皮膚に貼ったセンサーで検出し、その意思に従った動作を実現する。着るだけで人の脳神経系とつながって一体化する特徴から「装着型サイボーグ」と呼ばれている。医療や福祉分野の動作支援、介護現場や工場での重作業支援、災害現場での復興支援活動など、幅広い応用が期待されており、日本国外では東南アジアや欧州、北米などの国々でHALを利用した「サイバニクス治療」の許認可を得ている。

写真 HALの写真(サイバーダイン提供)

HALの写真(サイバーダイン提供)

今回のイベントでは、マレーシア・従業員社会保障機構(SOCSO:Social Security Organization)のハフェズ・ビン・フセイン博士が講演し、サイバーダインの技術を活用した同国のリハビリプログラムを紹介した。その後、サイバーダインの山海嘉之社長がHALの動作原理や同社の海外展開事業についてオンライン形式で説明した。HALの装着体験会も実施された。

写真 山海社長の講演(ジェトロ撮影)

山海社長の講演(ジェトロ撮影)

写真 装着体験会の様子(ジェトロ撮影)

装着体験会の様子(ジェトロ撮影)

装着体験会に登壇した同社担当者の工藤郁夫氏は「中東での事業展開を始めたわが社にとって、ドバイ万博のイベントに参加することは意味あるもので、多くの人に技術を知ってもらえた貴重な機会だった」と語った。

中東地域で同社は、2017年にサウジアラビアでの事業展開を開始しており、その後はクウェートにも展開している。また、トルコの医療機器承認を取得したほか、2021年のアラブヘルスにも出展している。今回はアラブ首長国連邦(UAE)国内の病院も数件視察し、「治療目的でウェアラブル技術を導入している病院はほぼなく、ビジネスチャンスが見込める。中東は良い技術には投資を惜しまない地域だと感じている」と、中東でのビジネス拡大に期待を寄せた。

(堀池桃代)

(アラブ首長国連邦、マレーシア、日本)

ビジネス短信 db86a5354ae54c9b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp