オミクロン株による感染拡大続くも、入国条件が一部緩和

(アルゼンチン)

ブエノスアイレス発

2022年01月27日

政府は1月26日、行政決議第63/2022号外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを公布し、1月29日からアルゼンチンに入国するアルゼンチン居住者、隣国(ブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、チリ)に居住する外国人などを対象に、入国時の陰性証明書の提出義務を免除すると発表した。

1月29日からの入国条件の詳細は以下のとおり。

○入国14日前にワクチン接種を完了しているアルゼンチン居住者の場合:

  • 出国48時間前にオンラインでの宣誓供述(DDJJ)
  • ワクチン接種証明書の提示
  • 陰性証明書の提出および強制隔離措置を免除

○入国14日前にワクチン接種を完了している隣国居住者の場合:

  • 出国48時間前にオンラインでの宣誓供述(DDJJ)
  • ワクチン接種証明書の提示
  • 新型コロナ対応の医療保険への加入
  • 陰性証明書の提出および強制隔離措置を免除

○入国14日前にワクチン接種を完了している非居住者外国人の場合:

  • 出国48時間前にオンラインでの宣誓供述(DDJJ)
  • ワクチン接種証明書の提示
  • 出国前72時間以内に受けたPCR検査による陰性証明書、または出国前48時間以内に受けた抗原検査による陰性証明書の提出
  • 新型コロナウイルス感染症対応の医療保険への加入
  • 強制隔離措置を免除

○ワクチン接種を完了していない、または未接種のアルゼンチン居住者、隣国居住者、非居住者外国人の場合:

  • ワクチン接種の例外と認める書類の提出
  • 出国前72時間以内に受けたPCR検査による陰性証明書、または出国前48時間以内に受けた抗原検査による陰性証明書の提出
  • 入国後、上記検査日から7日間の隔離
  • 新型コロナウイルス感染症対応の医療保険への加入
  • 出国48時間前にオンラインでの宣誓供述(DDJJ)

○ワクチン接種を完了していない、または未接種の未成年者は、強制隔離措置が免除されるが、入国から7日間は集会やイベントに参加してはならない。また、6歳未満の場合、PCR検査・抗原検査を受ける義務はない。

1月26日時点の保健省報告によると、全国の1日当たりの新規感染者数は8万8,503人。1月1日からの26日間で約248万人の新規感染者が確認された。同じ期間の累計死者数は2,851人と前月の580人から急増し、累計死者数は12万人に達した。

(山木シルビア)

(アルゼンチン)

ビジネス短信 7ce0d5b06af96554

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp