国会がRCEP協定批准同意書を可決

(韓国)

ソウル発

2021年12月03日

韓国産業通商資源部は、地域的な包括的連携(RCEP)協定の批准同意案が12月2日、国会本会議で可決されたと発表した。韓国の同協定の発効は、批准書をASEAN事務局長に寄託後、60日目(注)。同部では発効日は後日公表するとしているが、現地メディアは2022年2月上旬発効の見通しと報じている。

同協定の協定文や、特恵関税率、原産地規則などは産業通商資源部FTAウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで確認可能。

(注)寄託を終えた日本、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、中国、ラオス、ニュージーランド、シンガポール、タイ、ベトナムの10カ国では2022年1月1日に発効(12月3日時点)。

(当間正明)

(韓国)

ビジネス短信 c837a74561a6edb0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp