日本を含む感染低リスク国からの渡航者に対する感染防止対策を強化

(フィリピン)

マニラ発

2021年12月02日

フィリピン政府は11月28日、日本を含む感染リスクの低い「グリーン」国/地域(注1)からフィリピンへの渡航者に対して、優遇された隔離措置の適用を一時停止すると発表した。優遇措置適用の一時停止は12月15日まで継続する予定。日本を含む「グリーン」国/地域からの渡航者には、「イエロー」国/地域と同様の感染防止措置が取られる。具体的な措置は以下のとおり。

(1)完全にワクチン接種を完了しており、出発国を出発する前の72時間以内にPCR検査が陰性だった場合:フィリピン到着日から3日目に行われるPCR検査の陰性結果を受けるまで施設隔離。その後、到着日を初日として、14日目までセルフモニタリングを行う必要がある。

(2)完全にワクチン接種を完了しているが、出発前72時間以内のPCR検査の陰性結果を提示しない場合:到着日から5日目に行われるPCR検査の陰性結果を受けるまで施設隔離。その後、フィリピン到着日を初日として、10日目まで自宅隔離を行う必要がある。

(3)完全にワクチン接種を完了していない場合:到着日から7日目に行われるPCR検査の陰性結果を受けるまで施設隔離。その後、フィリピン到着日を初日として、14日目まで自宅隔離を行う必要がある。

査証を保持していないフィリピンへの渡航者について受け入れ開始を延期

フィリピン政府は11月26日、ワクチン接種を完全に完了させた「グリーン」国/地域からの渡航者について、条件を課した上で(注2)、無査証でのフィリピン入国を12月1日から12月15日まで認めると発表していた。しかし、同政府は11月28日、同措置の導入を延期することを発表した。

(注1)フィリピン政府は感染リスクが低い「グリーン」国/地域、感染リスクが高い「レッド」国/地域、感染リスクが中程度の「イエロー」国/地域に各国・地域を分類している。

(注2)所持するパスポートの有効残存期間がフィリピン入国時に少なくとも6カ月ある、出発国に戻る復路チケットまたは次の渡航先国への片道チケットを所持している、などの条件が課されていた。

(吉田暁彦)

(フィリピン)

ビジネス短信 1db60c4ce357d7a9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp