大連国際空港、航空輸入貨物の取り扱い停止を通知

(中国)

大連発

2021年12月24日

中国の大連国際空港を運営する大連国際空港集団は12月22日、物流関連企業などに対し、大連空港における国際輸入貨物の現在の処理プロセスに防疫上の一定のリスクがあるとして、同日付で大連に到着する国際クーリエ便や貨物輸送業務の取り扱いを暫定的に停止すると通知した(郵便は除く)。業務再開時期は別途通知するとしているが、「2022年3月末を想定している」(物流関連企業)とされる。

物流関連企業などによると、同空港の国際貨物作業エリアで、求められる防疫基準を満たしていないため、今回の措置導入に至ったもようだ。一方、輸出業務は通常どおり継続される見通しとしている。

他方、「重点企業」(注)とされる企業は必要な書類を準備すれば、航空貨物の輸入許可申請は可能との情報もあるが、現時点で政府などからの正式な通知などは発表されておらず、関連企業なども情報の収集を進めている。

(注)重点企業の定義については、大連市地場企業、かつ一定の影響力がある企業で、さらに大連空港を使用せざるを得ない輸入貨物を有している企業との情報もあるが、現時点では、政府などの正式の通知は出されていない。

(高文寧)

(中国)

ビジネス短信 18a6240aa0e00222

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp