1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. マニラ首都圏、11月前半も新型コロナウイルス対策「アラート・レベル3」継続

マニラ首都圏、11月前半も新型コロナウイルス対策「アラート・レベル3」継続

(フィリピン)

マニラ発

2021年11月02日

フィリピン大統領府は10月29日、マニラ首都圏で11月1日から14日まで新型コロナウイルス対策「アラート・レベル・システム」(注1)の「アラート・レベル3」を継続して運用すると発表した。他の地域も含めた同システムの運用は以下のとおり。いずれの地域も11月14日まで適用。

【アラート・レベル4】

バコロド市、アウロラ州、東ネグロス州、西ダバオ州

【アラート・レベル3】

バギオ市(注2)、イロイロ市、ダバオ市、マニラ首都圏、バターン州、カヴィテ州、ラグナ州、リサール州、シキホル州、北ラナオ州、北ダバオ州

【アラート・レベル2】

アンヘレス市、オロンガポ市、ルセナ市、セブ市、ラプ・ラプ市、マンダウエ市、カガヤン・デ・オロ市、イリガン市、ブラカン州、ヌエヴァ・エシハ州、パンパンガ州、タルラック州、バタンガス州、ケソン州、アクラン州、アンティーケ州、カピス州、ギマラス州、イロイロ州、西ネグロス州、ボホール州、セブ州、ブキドノン州、カミギン州、西ミサミス州、東ミサミス州、ダバオ・デ・オロ州、南ダバオ州、東ダバオ州

それぞれのアラート・レベルでの活動制限の詳細は「GUIDELINES ON THE PILOT IMPLEMENTATION OF ALERT LEVELS SYSTEM FOR COVID-19 RESPONSE IN THE NATIONAL CAPITAL REGION(2021年10月13日改定版)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」を参照(注3)。

(注1)「アラート・レベル・システム」は、地域の感染水準を5段階に区分けし、段階的にビジネス活動を制限していく。「アラート・レベル3」は「感染者数が多い、もしくは増加しており、かつ総病床利用率と集中治療室(ICU)利用率が増加している」に該当する。

(注2)バギオ市では別途、特別なモニタリングを実施。

(注3)同資料は随時改定される。大統領府や新興感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)のウェブページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで最新版確認を。

(吉田暁彦)

(フィリピン)

ビジネス短信 cd802eb048936cf7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp