NTTと東京センチュリー、インドにデータセンター建設

(インド、日本)

ムンバイ発

2021年11月12日

NTTと東京センチュリーは11月8日、インド西部のマハーラーシュトラ州ナビムンバイに、データセンター2棟を新たに建設すると発表した(NTTプレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。2023年7月の完工を予定しており、完成すれば、ムンバイで建設中のデータセンターと併せて、インドで累計13棟を保有することとなる。

NTTは2020年9月に、インドで総額20億ドル規模の投資計画を発表しており、今回のナビムンバイのデータセンター建設はその一部とみられる(「ビジネス・スタンダード」紙2020年9月30日)。NTTグループのNTTグローバルデータセンター(NTT GDC)と東京センチュリーがシンガポールに新設する中間持ち株会社(SPV:Special Purpose Vehicle)を通じ、ムンバイに所在するNTT Global Data Centers NAV2が保有するデータセンター事業に係る資産などを共同保有する。

NTTによると、人工知能(AI)・ビッグデータの活用などによるデータ通信料の拡大に伴い、インドのデータセンター市場規模は10年後に10倍になることが予測されている。将来的に大きな成長が見込まれるインドで、デジタルインフラの整備を急ぐ。

(榎堀秀耶)

(インド、日本)

ビジネス短信 919ad73983ce3291

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp