1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. タイ国有鉄道が首都圏鉄道「レッドライン」事業オリエンテーションセミナーを開催

タイ国有鉄道が首都圏鉄道「レッドライン」事業オリエンテーションセミナーを開催

(タイ)

バンコク発

2021年10月07日

タイ国有鉄道(SRT)は9月30日、首都圏鉄道「レッドライン」(通勤電車システム)事業の実現可能性調査(FS)と評価・分析に関するオリエンテーションウェビナーを開催した。同事業はタイ運輸省の下、SRTがコンサルタントを雇用し、官民連携(PPP:Public-Private Partnership)事業の実施に向けたFSと評価・分析が行われている。本ウェビナーには、政府機関、民間企業から約160人が参加した。

同事業のFS調査と評価・分析は、2021年6月~2022年5月に実施される。内容は、2021年6~11月にFSおよび評価・分析、2021年7月~2022年に入札にかかる提案依頼書の草案作成、2021年10月末ごろに第1回のサウンディング型市場調査を行い、同調査の第2回を2022年4月に実施した後、2022年5月に最終的な入札にかかる提案依頼書を作成する。

その後、2022年6月から2023年7月までの14カ月間で、プロジェクトへの民間投資を求める予定。

画像 バンコク鉄道路線計画図(Rail Department Ministry of Transport提供)

バンコク鉄道路線計画図(Rail Department Ministry of Transport提供)

同事業は、バンコク首都圏鉄道マスタープラン(M-MAP)に基づくプロジェクトの1つで、バンコクの南北線(ダークレッドライン)および東西線(ライトレッドライン)の2路線をバンスー駅で接続し、近隣からバンコクへの乗客と旅行者の利便性を図るもの。

第1期:建設完了

  • バンスー~ランシット~タリンチャン〔合計41.6キロ、投資額: 1,088億3,301万バーツ(約3,600億円、1バーツ=約3.3円)〕

第2期:第1期の拡張

  • ランシット~タマサート大学ランシットキャンパス(8.8キロ、65億7,040万バーツ)
  • タリンチャン~サラヤ(14.8キロ、102億218万バーツ)
  • タリンチャン~シリラジ(5.7キロ、66億4,503万バーツ)
  • バンスー~パヤータイ~マッカサン~フアマック~フアランポーン(計25.9キロ、441億5,776万バーツ)

第3フェーズ:2027年または2028年に全ての区画の運用開始。

プロジェクトの詳細については、ウェブサイトPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)で確認が可能だ。

(宮口莉央、デゥアンパニッチ・チュティマ)

(タイ)

ビジネス短信 f6bf6d706c0d2068

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp