ヘルスケア・バイオテクノロジー・バレー確立に向けたプラットフォーム始動

(ベルギー)

ブリュッセル発

2021年10月28日

ベルギー連邦政府は10月26日、バイオ医薬品分野の研究・開発と生産のさらなる競争力強化に向けて、産官学連携のためのプラットフォームに関する共同憲章に署名したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。連邦政府は世界のバイオ医薬品産業の研究や臨床試験、生産活動を誘致し、「ヘルスケア・バイオテクノロジー・バレー」としてのベルギーの地位を強化することを目標にしており、共同憲章はベルギーのバイオ医薬品産業の現状分析報告書を踏まえて策定された。ベルギーの製薬大手UCBや、ベルギーでワクチンを開発・製造する英国グラクソ・スミスクライン、米国のファイザーとジョンソン・エンド・ジョンソンなどの団体・企業が共同憲章に署名した。今後6カ月間で報告書で取りまとめた提言を実現させるための行動と、イノベーションの促進や経済的魅力の向上、人材育成に向けた具体的な政策について協議を行う。特に、業界が必要とする能力を備えた人材の育成が課題の1つとして挙がっている。

アレクサンドル・ド・クロー首相は同日、「変化と競争が激化する国際環境の中で、われわれはエコシステムを強化し、欧州の中心に位置する将来の『ヘルスケア・バイオテクノロジー・バレー』としての地位を確立するための長期的な戦略を持つ必要がある」と述べた。

今回の発表に同席した欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、今回のベルギーのバイオ医薬品産業プラットフォーム立ち上げを歓迎し、同国が昨今の新型コロナウイルスに対するワクチンキャンペーンで、メッセンジャーRNAワクチンの量産や臨床試験、輸出などで重要な役割を果たしていると評価した。

連邦政府によると、ベルギーはこれまでに7億回分の新型コロナウイルスワクチンを生産し、全世界に輸出している。また、同国のバイオ医薬品の年間輸出額は560億ユーロに上り、世界で第3位の輸出国となっている。バイオ医薬品産業は国内で4万人以上を直接雇用し、間接的にはさらに多くの雇用者を抱える重要な産業となっている。

(大中登紀子)

(ベルギー)

ビジネス短信 51e9acec9ddcab0c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp