キューバ、入国後の強制隔離措置を撤廃へ

(キューバ)

メキシコ発

2021年10月20日

キューバのフアン・カルロス・ガルシア・グラナダ観光相は10月19日の記者会見で、11月7日からキューバ人および外国人の入国後の強制隔離措置を撤廃すると発表した。その理由として、同相は「直近15日間の新型コロナウイルス新規感染者数が顕著に減少しており、11月中には国民の90%以上がワクチン接種を完了する予定であるため」と述べた。また、政府は強制隔離撤廃に加え、次の措置も変更するとした。

  1. 11月15日から入国時のPCR検査を不要とする。
  2. 入国者は、ワクチン接種を証明する証書(ワクチンパスポートなど)を提示する。証書を有しない場合は、出国前72時間以内に実施したPCR検査において陰性であることを証明する。
  3. 12歳未満の入国者は、ワクチン接種証明書やPCR検査での陰性証明書を不要とする。
  4. キューバの国際空港では、モニタリング検査として、無作為に抽出した入国者にPCR検査を実施する。
  5. 新型コロナウイルス感染の疑いのある症状を有する入国者は、当局が強制的にPCR検査を実施する。

ガルシア・グラナダ観光相によると、1~9月の入国者は20万人だが、11月7日からの入国制限緩和措置を機に、12月末までにさらに10万人の入国者を見込んでいるとのことだ。そのため、首都ハバナに次いで外国人観光客の訪問が多いリゾート地のバラデロは、10月25日から観光客の受け入れを再開する。ハバナへの国際便も順次再開の予定と述べ、現在も就航が続くエール・フランス航空、イベリア航空、エア・ヨーロッパ航空のほか、キューバのフラッグキャリアであるクバーナ航空もアルゼンチン便やスペイン便を再開する見込みとした。

写真 ハバナ国際空港(ジェトロ撮影)

ハバナ国際空港(ジェトロ撮影)

(志賀大祐)

(キューバ)

ビジネス短信 046ac1fd98f7d14c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp