VW、中国安徽省にEV用蓄電池システム工場新設へ

(ドイツ、中国)

ミュンヘン発

2021年09月30日

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は9月23日、中国安徽省に建設中の電気自動車(EV)用工場の近くに、蓄電池システムの生産拠点を建設すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

蓄電池システムの新工場はEVを生産するVW車両工場のサプライヤーパークに建設する。敷地面積は4万5,000平方メートルで、2023年下期に操業開始を見込む。年間15万~18万の蓄電池システムを生産、隣接するVW車両工場に納品する。操業開始時点で新工場の労働者は約200人の予定。VWは工場建設と設備に合計1億4,000万ユーロ超を投資する。

VWは2020年、安徽省の合弁工場の出資比率を50%から75%に増やした。安徽省のEV用工場は2022年末に完成予定で、生産能力は年間最大35万台。MEB(注)を基にしたモデルの量産は2023年に開始予定。VWは、VWグループ中国部門が販売する車両に占める新エネルギー車(NEV)の割合を2030年までに4割にすることを目標にしている。

VWグループ中国部門のステファン・ボレンシュタイン最高経営責任者(CEO)は「今後数年で電動車の数が急増するため、蓄電池システムのような基幹部品は内製化の必要がある」とコメントした。蓄電池システムの新工場建設により、安徽省のEV工場で製造する車両に占めるVWの内製部品の割合は約4割まで高まるという。

VWグループ全体では、ドイツ北部のブラウンシュバイク工場が蓄電池システムの設計・開発・製造を主導する。同工場では2019年から蓄電池システムを製造し、年産50万に達しているという。VWグループとしては、安徽省の新工場に加え、チェコのムラダー・ボレスラフ工場、米国のチャタヌーガ工場でも蓄電池システムを生産、数年内に100万以上の生産を目指す。

(注)Modularer E-Antriebs-Baukastenの略。VWが開発した次世代EV向けモジュラープラットフォーム(共通設計・部品共通化のための基盤)。

(高塚一)

(ドイツ、中国)

ビジネス短信 516e00345267fcff

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp