韓国政府、カブール市内の爆破テロに憂慮を表明

(韓国、アフガニスタン)

ソウル発

2021年08月31日

韓国外交部は、8月26日にアフガニスタン首都のカブール市内の空港付近で発生した爆破テロに関し、以下の外交部スポークスパーソン声明を公表した。

1.韓国政府は8月26日、アフガニスタンの首都カブール市内の空港付近で発生した爆発事件をテロと断定し、多数の死傷者が発生したことに対して深い憂慮を示し、これを強く糾弾する。

2.韓国政府は、今回のテロ事件の犠牲者と遺族に対し、深い哀悼の意を伝える。

3.韓国政府は、いかなる理由であれ、テロは正当化されないという確固たる立場を明らかにし、国際社会におけるテロ撲滅に積極的に参加する。

(当間正明)

(韓国、アフガニスタン)

ビジネス短信 fd4de7e457ba77b5

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp