ケニアとタンザニア、非関税障壁の撤廃取り組み加速に合意

(ケニア、タンザニア)

ナイロビ発

2021年08月27日

ケニアとタンザニアの外務省は8月20~24日、ケニアの首都ナイロビで第4回「協力に向けた合同会議」(JCC、Joint Commission for Cooperation)を開催した。タンザニアのサミア・スルフ・ハッサン大統領が2021年5月にケニアのウフル・ケニヤッタ大統領を初めて公式訪問し、非関税障壁の撤廃に言及し(2021年5月7日記事参照)、約5年ぶりにJCCを開催することに合意した。ケニア外務省のレイチェル・オマモ長官によると、貿易委員会の中で両国は、非関税障壁として挙がっていた64の課題のうち30は改善に向かっており、残る34の課題を2021年12月末までに解決することを約束した。過去には、輸入時の手続きや検査の煩雑さといった課題があった。

JCCは1988年、ケニアのダニエル・モイ大統領(当時)とタンザニアのアリ・ハッサン・ムウィニ大統領(同)が政治・経済の協力関係を強化する目的で発足した。2012年に第2回、2016年に第3回が開催されている。

ケニアにとってタンザニアは7番目(注1)、タンザニアにとってケニアはルワンダに次ぐ2番目(注2)の輸出先だ。ケニアの輸入額の2021年1~5月では、ケニアはタンザニアから穀物輸入額を前年同期比5.4倍に拡大した(構成比35.2%)。タンザニアとの貿易収支は前年同期の2,700万ケニア・シリング(約2,700万円、1ケニア・シリング=約1円)の黒字から、1,962万ケニア・シリングの赤字に転じた。

(注1)2020年、ケニア統計局

(注2)2018年、国連

(久保唯香)

(ケニア、タンザニア)

ビジネス短信 7971dd432634d95e

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp