湖北省、先進製造業の発展目標発表

(中国)

武漢発

2021年08月17日

中国・湖北省政府は8月4日、「5+10+20の現代産業システムの構築に関する目標外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を発表した。5+10+20とは、湖北省内に1兆元(約17兆円、1元=約17円)規模の5大基幹産業クラスター、5,000億元規模の10大有力産業クラスター、1,000億元規模の特色ある産業クラスターを20カ所形成することを意味する。この目標は、中国国務院が7月22日に発表した「新時代における中部地区の高品質な発展の推進に向けた意見外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を受けて、湖北省政府が策定、先進製造業を支える産業システムの構築と製造業の強化を目指す。

1兆元規模の5大基幹産業クラスターは、以下、次世代情報技術産業や自動車製造業、現代科学工業・エネルギー産業、大健康産業(注)、現代農作物加工産業を示す(添付資料表参照)。

例えば、次世代情報技術産業では、光通信やICチップ、新型液晶モニター、スマート端末、次世代ネットワークなどを念頭に、有力企業の産業チェーンの円滑化を推進し、サプライヤーから完成メーカーまで関連企業を誘致する。

自動車製造業では、電動化やスマート化、インターネット接続といった産業発展の傾向を踏まえ、湖北省内にインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や新エネルギー車などの自動車産業ベルトを形成し、全国有数のICVや新エネ車の研究開発と生産モデル区を建設するとしている。

(注)大健康産業とは、医薬品、医療機器、ヘルスケアサービスから、高齢者介護、健康食品、美容・運動に至るまで健康に広く関連する産業の総称。

(李成一)

(中国)

ビジネス短信 51f7e0d7f773fee9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp