アフガニスタン情勢受け大使館員など退避、大統領はNATOに否定的見解

(チェコ、アフガニスタン)

プラハ発

2021年08月19日

チェコのアンドレイ・バビシュ首相は8月14日、アフガニスタン情勢を踏まえ、政府の国家安全委員会を招集し、ヤクプ・クルハーネック外相やルボミール・メトナル防衛相とともに、在カブール大使館員などの緊急退避を決定外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

外務省の公式発表と首相、外相のツイッターによると、軍用機による退避は翌15日に開始され、同日の第1便と17日の第2便で大使館職員、チェコ軍駐在者、アフガニスタン人協力者とその家族の計133人がチェコに到着した。18日には第3便もカブールを出発しており、避難活動は継続されている。

アフガニスタン人を含めた退避活動に対して、難民受け入れに懐疑的な姿勢を通常示しているミロシュ・ゼマン大統領は17日、チェコはアフガニスタン人協力者全員をまずはチェコに退避させ、その後審査すべきとしている。また、同大統領は当初からアフガニスタンからの多国籍軍の撤退決定に反対を表明していたが、NATOに対する加盟国からの不信は今回の経験で増大するだろうと表明した。さらに、これまでNATOの要求に基づいて外国から武器を購入してきたが、今後は国内軍事産業費を支援して国内からも武器を調達すべきとして、軍事面での方針転換も提言している。

一方、元チェコ軍総司令官で、NATOの軍事委員会議長も務めた経験を持つペトル・パベル氏は13日のチェコ・ラジオで、アフガニスタン情勢の主な理由として、同国が民族・部族国家である点を米国を中心とする多国籍軍が軽視したことにあると指摘した。「民族・部族のアイデンティーに比べて、国民としてのそれは極めて脆弱(ぜいじゃく)だ。主としてパシュトゥーン人から成るタリバンは国の人口の3分の1を代表する組織。そのため、国内で大きな支持を得ている。一方、アフガニスタンの政府軍は、国全体を防衛する軍隊としての自覚に欠けていた」と同氏は説明している。

パベル氏はさらに自身のツイッターで、多国籍軍撤退のタイミングに関して、タリバンがガニ政権との和平合意に達すると多国籍軍が誤った判断をし、和平協定締結前に撤退を開始したことは最大の過ちだったと述べている。

今後のアフガニスタンの動向に関して、パベル氏は「アフガニスタンでの今回の政権崩壊により、タリバンのみならず、アルカイダ、イスラム国といった組織がその活動を強化する土台を築き上げることにもなる」と警鐘を鳴らしている。

(中川圭子)

(チェコ、アフガニスタン)

ビジネス短信 019f70f13ae32a72

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp