1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年のビール輸出が堅調、EU1位を維持

2020年のビール輸出が堅調、EU1位を維持

(オランダ)

アムステルダム発

2021年07月29日

オランダ中央統計局(CBS)は7月20日、2020年のオランダのビールとノンアルコールビールの輸出額が20億ユーロ超となり、引き続きEUで最大の輸出国だったと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。2020年の国内のビール売上高が新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年比14%減となる中、輸出は堅調だった。

2020年のオランダのビール輸出額は前年比3.6%増の19億1,500万ユーロとなり、EUの中で20年にわたり最大の輸出国になった。輸出額は2000年からの20年間で74.6%増加した。2位の輸出国のベルギーは近年、輸出額を増加させており、同期間で輸出額が4.7倍になった(添付資料図1参照)。

2020年のオランダのノンアルコールビール(アルコール度数0.5%未満)の輸出額は1億2,100万ユーロとなり、前年に引き続きEUで1位だった。2017年と2018年は、ドイツがEUで最大のノンアルコールビール輸出国だったが、2019年からはオランダがEUの最大の輸出国になっている。2020年のノンアルコールビールの輸出額は2017年の1.8倍で、ビールの輸出額の伸びを上回っている。オランダとドイツに次いで、ブルガリア、ポーランド、スペイン、ベルギーがノンアルコールビールの主な輸出国になっており、特にブルガリアは2019年から2020年にかけて輸出額を大きく伸ばしている(添付資料図2参照)。

2020年のオランダのビールの輸出先は、米国が1位(7億1,600万ユーロ)、フランスが2位(2億100万ユーロ)、英国が3位(9,000万ユーロ)だった。最大の輸出先の米国におけるビールの輸入は、隣国メキシコからが71%以上を占めており、オランダから14%、ベルギーから6%となっている。また、オランダのノンアルコールビールの輸出先も米国が1位で、英国、カナダと続いた(添付資料表参照)。

オランダブルワーズ協会(Nederlandse Brouwers)によると、「新型コロナウイルス危機」にもかかわらず、2021年の国内のビール醸造所の数は前年の787社から810社に増加した(71社開設、48社が閉鎖)。「新型コロナ禍」への対応として、多くのビール醸造所がオンラインショップを開設し、その数は2018年の11社から2020年には86社に増加した。

(高橋由篤)

(オランダ)

ビジネス短信 77afc098ea0b5ac3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp