1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 低炭素型自動車の購入補助制度、7月1日から導入

低炭素型自動車の購入補助制度、7月1日から導入

(ニュージーランド)

アジア大洋州課

2021年06月23日

ニュージーランドのマイケル・ウッド運輸相とジェームズ・ショー気候変動相は6月13日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)といった低炭素型自動車の購入を補助する制度「フィーベイト」を7月1日から導入することを発表した(6月13日政府公式ウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

この制度は、新たに登録される新車と中古車を含む輸入車を対象とし、既にニュージーランド市場にある自動車には適用されない。また、少なくとも3つ星の安全評価を受け、8万ニュージーランド・ドル(約624万円、NZドル、1NZドル=約78円)未満の自動車に限定する。補助内容としては、新車は最大8,625NZドル、中古車は最大3,450NZドルのキャッシュバック(購入補助)をする。具体的金額は各自動車の二酸化炭素(CO2)排出量に基づいて計算する。

制度の財源については、従来型のガソリン車やディーゼル車を購入する際の追加料金から充てる。この追加料金は2022年1月1日から導入され、例えば、トヨタの「ハイラックス」ならば2,900NZドル、日産の「ナバラ」は830NZドルを購入者は国に支払う必要がある。初年度には1億2,500万NZドルから1億8,800万NZドルの財源確保が見込まれている。追加料金は全て低炭素型自動車の購入補助に利用する予定だ(「ニュージーランド・ヘラルド」紙6月13日)。

ウッド運輸相は会見で「この制度により、国民はEVなどの低炭素型自動車をより安く購入できるようになる。最大920万トンのCO2排出が削減され、最大8,625NZドルにもなる低炭素型自動車への切り替え費用が削減される」と述べ、2050年までのカーボンニュートラルに関する政府目標達成への期待感を示した。

(児島亨)

(ニュージーランド)

ビジネス短信 134a4b5ddca36d5a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp