1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米テキサス南部で北米最大級のCCSプロジェクトが進行

米テキサス南部で北米最大級のCCSプロジェクトが進行

(米国)

ヒューストン発

2021年04月05日

米国の液化天然ガス(LNG)開発会社ネクストディケード(本社:テキサス州ヒューストン)および米国大手石油開発会社オキシデンタルの子会社オキシー・ローカーボン・ベンチャーズ(本社:テキサス州ヒューストン)は3月25日、テキサス州ブラウンズビル港で計画されているリオグランデLNGでの二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)プロジェクトで連携すると発表した。

ネクストディケードは、3月初めに設立した完全子会社のネクストカーボンソルーションズを通じて、北米で最大級のCCSプロジェクトに取り組む。年間500万トン以上のCO2(排出量の90%以上)の回収・貯蔵が見込まれる。

オキシー・ローカーボン・ベンチャーズは、リオグランデLNGプロジェクトでのCO2を回収および輸送し、リオグランデ渓谷の地層にCO2を恒久的に貯蔵する。

ネクストディケードのマット・シャッツマン会長兼最高経営責任者(CEO)は「オキシー・ローカーボン・ベンチャーズと協力して、テキサス南部のCO2パイプラインおよびCO2の恒久的な貯蔵施設の設計・建造・運用ができることを喜ばしく思う」と述べている。両社の連携により、特にCCS技術の利用にかかるコストの削減を図ろうとしている。

世界的な石油・ガス開発企業が構成する「石油・ガス気候変動イニシアティブ」(OGCI、注)は3月30日、CCSを利用して、北米で最も炭素の排出が少ないリオグランデLNG施設を開発するネクストディケードへの投資を発表している。本投資の狙いは、優良な石油・ガス田が広がるパーミアン盆地およびイーグルフォード盆地から可能な限り低炭素なLNGを供給することだ。リオグランデLNG施設において、CCS技術の利用によるコスト削減を進めることに加え、炭素削減を実現するためのCCSの経済的および運営上の実現可能性を実証する。

オキシー・ローカーボン・ベンチャーズのリチャード・ジャクソン社長は「ネクストディケードと協力して、国際市場に低炭素LNGを供給できることをうれしく思う。オキシー・ローカーボン・ベンチャーズのCO2貯蔵ビジネスを拡大するだけではなく、他社のネットゼロ目標達成を支援するサービスを提供する上で重要なマイルストーンとなる」と述べている。

(注)Oil and Gas Climate Initiative。パリ協定を明示的にサポートし、気候変動への業界の対応を加速することを目的として、2016年に設置され、10億ドル以上のファンドを有している。構成メンバーは、アラムコ、シェブロン、エクイノール、エクソンモービル、ペトロブラス、シェル、トタルなど12社。

(沖本憲司)

(米国)

ビジネス短信 ae39a903ab7670d6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp