1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年の失業率は5.0%、2015年以降初めて悪化

2020年の失業率は5.0%、2015年以降初めて悪化

(ルーマニア)

ブカレスト発

2021年04月27日

ルーマニア統計局は4月20日、2020年の失業率は5.0%だったと発表した。前年比で1.1ポイント上昇し、2015年以降改善し続けていた失業率が悪化に転じた(添付資料図参照)。ILOの国際基準による2020年の労働力人口は897万3,000人、このうち失業者が45万2,000人だった。

年齢層別では、15~24歳の失業率が17.3%と最も高く、性別でみると、男性の失業率が5.3%、女性が4.7%だった。教育水準別では、低学歴者が8.1%、中学歴者が5.1%と高かった一方、高学歴者は2.2%と低かった。

国家戦略予測委員会(CNP)の2021年1月時点の予測によると、2021年の失業率は2020年より改善し、4.5%と見込んでいる 。

(ミンドル・ユニアナ、西澤成世)

(ルーマニア)

ビジネス短信 4b8eb7d790f9479d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp