1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 中南米最大のワインコンクール主催団体が新コンクールを企画、日本酒や焼酎も出品可能に

中南米最大のワインコンクール主催団体が新コンクールを企画、日本酒や焼酎も出品可能に

(チリ)

サンティアゴ発

2021年04月27日

ワインコンクールの主催団体であるカタドール(Catad’Or)は、2021年10月に「カタドール・ワールド・スピリッツ・アワーズ(Catad’Or World Spirits Awards)」を初開催すると発表した。

カタドールは、過去25年連続で、フランスに本拠を置く国際ブドウ・ワイン機構(OIV)などの支援の下、中南米最大のワインコンクール「カタドール・ワールド・ワイン・アワーズ(Catad’Or World Wine Awards)」を主催してきた。2020年までは同コンクール内の「その他」カテゴリーとして、ジンやピスコなどのワイン以外の酒類の出品を受け付けていたが、2021年からは独立し、2つのコンクールを同時開催することになった。

コンクール名に「スピリッツ(蒸留酒)」を冠していることから、ウィスキー、テキーラ、ジン、ウォッカ、ピスコなどの酒類に加え、中国の白酒や日本の焼酎も出品対象となっている。また、醸造酒ではあるものの「アジア産飲料」のカテゴリーとして日本酒の出品も可能な旨がカタドールのウェブサイト上で明らかにされている。

画像 カタドール・ワールド・スピリッツ・アワーズの出品カテゴリー(主催者ウェブサイトより)

カタドール・ワールド・スピリッツ・アワーズの出品カテゴリー(主催者ウェブサイトより)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年のコンクールでは出品者の物理的な出席が参加要件から除かれ、出品料の支払い、出品情報の登録、出品サンプルの送付の3ステップのみとなった。出品された製品はプロモーター、ソムリエ、ジャーナリストらから成る50人の審査員(過去には日本や中国から選出された実績もあり)による試飲を経て100点満点で評価され、入賞者にはメダルやトロフィーなどの記念品の授与に加え、副賞として対象製品のプロモーション支援が受けられる。

カタドールの代表であるパブロ・ウガルテ氏は「日本をはじめとするアジアの蒸留酒や醸造酒は、世界的に知名度があり、高く評価されている一方で、チリでは現在まであまり普及していない。われわれのコンクールを通じた露出によって、これらの製品の中南米における知名度を高める一助となれば、と思う」とコメントしている。

カタドール・ワールド・スピリッツ・アワーズへの出品申込みは、5月から開始し、7月から9月にかけて出品用サンプルの授受、10月12~14日に審査員による試飲が行われ、10月20日に表彰セレモニーが実施される予定になっている。

写真 過去のコンクールの試飲会の様子(主催者提供)

過去のコンクールの試飲会の様子(主催者提供)

写真 入賞の認定証をボトルに刻印し、製品のプロモーションに活用している例(ジェトロ撮影)

入賞の認定証をボトルに刻印し、製品のプロモーションに活用している例(ジェトロ撮影)

(佐藤竣平)

(チリ)

ビジネス短信 3be7eb1d26760905

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp