貿易促進公社、ブレグジット移行期間終了後の一部産業分野への影響を指摘

(ハンガリー、英国)

ブダペスト発

2021年01月07日

EU・英国間の通商・協力協定が12月24日に合意されたが、これに対するハンガリー国内メディアの反応は限定的だった。

ハンガリーからの輸出を支援する貿易促進公社(HEPA)へのヒアリング(1月5日)によると、「機械、自動車、電子機器分野などでは、ジャストインタイム方式をとるOEMの部品供給ネットワークに組み込まれていることから、対応が急がれる。医療機器や情報通信技術(ICT)分野、食品分野でも影響を感じているだろう」(コシス・ペーテル輸出・企業開発部長)としているが、HEPAに対して企業からの情報照会は特になく、専門の窓口を設けるには至っていないという。

また、ハンガリー商工会議所では事前準備として、12月に入りセミナーやイベントを通して企業向けに必要な情報提供に努めるとともに、ホットラインの開設なども行っているという。

(末廣徹)

(ハンガリー、英国)

ビジネス短信 e9dab5de009982b7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp