1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 11月の自動車販売、乗用車、二輪車ともに4カ月連続プラス

11月の自動車販売、乗用車、二輪車ともに4カ月連続プラス

(インド)

ベンガルール発

2020年12月24日

インド自動車工業会(SIAM)は12月11日、11月の自動車統計(出荷ベース)を発表した。乗用車販売〔多目的車(UV)とバンを含む〕は、ヒンドゥー教の大祭「ディワリ(灯明祭)」の特需により、前年同月比4.6%増の26万4,898台と、4カ月連続でプラス成長となった(添付資料表1参照)。うち、一般乗用車は2.8%減の14万9,949台とマイナスに転落したが、UVは17.2%増の10万3,525台、バンは8.2%増の1万1,424台と、それぞれ好調を維持した。

メーカー別でみると(添付資料表2参照)、主要メーカー12社のうち6社がプラス成長を記録。首位のマルチ・スズキは前年同月比2.4%減の13万5,775台にとどまり、5カ月ぶりのマイナスとなった。2位の現代自動車が9.4%増の4万8,800台で、堅調な伸びを続けている。起亜自動車は50.1%増となり、最も高い伸び率を示した。その他、地場メーカーのマヒンドラ&マヒンドラが24.5%増、日系ホンダが56.1%増と、それぞれ高成長を見せた。

車種別では、小型SUV(スポーツ用多目的車)とエントリーレベルの小型車が依然として需要を牽引し、スズキの「アルト」「エスプレッソ」「ワゴンR」「スイフト」「セレリオ」「イグニス」「ビターラブレッツァ」、現代の「i20」「ベニュー」「クレタ」、起亜の新規モデル「ソネット」と「セルトス」などが乗用車販売を支え続けている。

二輪車は前年同月比13.4%増の160万379台となり、高い伸びを続けている(添付資料表3参照)。セグメント別では、スクーターの販売台数が9.3%増の50万2,561台、オートバイは農村部の堅調な需要を背景に、14.9%増の102万6,705台となり、それぞれ堅調な売れ行きだった。

乗用車、二輪車、三輪車を含む全体の自動車販売総数は前年同月比9.8%増の188万8,903台だった(商用車の単月販売データは2020年4月以降、公表されていない)。今後の見通しについて、SIAMは「祭事期の特需で、一部のセグメントで好調な成長が見えてきたが、以後もこの傾向が続くかどうかは、経済全般の状況次第だ」との見方を示している。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 aeb20bcb013f8445

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp