1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. フォルクスワーゲン、上海で年産30万台のEV工場を稼働

フォルクスワーゲン、上海で年産30万台のEV工場を稼働

(中国、ドイツ)

上海発

2020年11月05日

フォルクスワーゲン(VW)と上海汽車集団の合弁自動車メーカーの上汽大衆汽車は10月27日、上海市嘉定区にある電気自動車(EV)工場(以下、上海工場)を稼働、スポーツ用多目的車(SUV)「ID.4X」の生産を開始した。

上海工場は、VWが開発したモジュラープラットフォーム(MEB)(注)を採用する最先端工場で、総投資額は170億元(約2,550億円、1元=約15円)、年間生産能力は30万台を見込む。また、上海工場はEVの生産に特化し、自社のEVモデルに加え、傘下のアウディ、シュコダのEVモデルも2年以内に生産を開始するといわれる。

VWは9月、中国合弁子会社の上汽大衆汽車、一汽大衆汽車、江淮大衆の3社とともに、2024年までに計150億ユーロを投じて、中国市場での新エネルギー車の生産を拡大していく方針を明らかにしており、2025年までには中国本土で15モデルの新エネルギー車を生産することを計画している。上海工場と同じく、MEBを採用する広東省にある仏山工場も既に9月から稼働しており、両工場の年間生産能力は計60万台に達する見込みだ。

(注)「モジュラー・エレクトリフィケーション・キット」の略で、VWが開発したEVに特化したプラットフォームを指す。

(劉元森)

(中国、ドイツ)

ビジネス短信 966a012ab755a2fb

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp