1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ベルリン・ブランデンブルク空港、9年遅れで開港

ベルリン・ブランデンブルク空港、9年遅れで開港

(ドイツ)

ベルリン発

2020年11月09日

ベルリンの新空港として、ベルリン・ブランデンブルク空港(BER)が10月31日に開港した。フランクフルトとミュンヘンに次いでドイツ国内で3番目の規模の国際空港となる。ベルリンには、旧西ドイツ側にテーゲル空港、旧東ドイツ側にシェーネフェルト空港という2つの小規模な空港があったが、テーゲル空港は閉鎖となり、シェーネフェルト空港は第5ターミナルとして運用が継続される。

1996年に連邦政府と州政府は、東西分断により複数カ所に立地していた空港をシェーネフェルト地域に集約することで合意した。当初、2011年の開港を予定していたが、防火設備に構造的な不備が判明するなど、工期が複数回にわたって遅延し、9年遅れての開港となった。

2004年の計画時に見込んだ乗降客数はその後、航空機の大型化により旅客輸送量が増加するなど、計画当初の予測値から大幅に増加した。これに伴い、施設の広さは22万平方メートルから、36万平方メートルに拡張された。工費も、最終的に59億ユーロと当初計画の19億ユーロから約3倍になった。今後は、「新型コロナウイルス危機」により、収益が見込んだ水準に届かないことが予想されているため、連邦政府による助成金(9,880万ユーロ)と貸付金(2020年:最大2億100万ユーロまで、2022年:最大5億5,200万ユーロまで)を受けて運用する予定だ。

テーゲル空港とシェーネフェルト空港では合計2万人が雇用されていたが、新空港では今後15年で約4万人の雇用が創出されると見込まれている。開港式に出席したアンドレアス・ショイアー交通・デジタルインフラ相は、国際ハブ空港としての期待を示した。

写真 ベルリン・ブランデンブルク・ウィリー・ブラント空港が開港。左からカールステン・シュポア氏(ルフトハンザCEO)、アンドレアス・ショイアー氏(交通・デジタルインフラ相)、エンゲルベルト・リュトゥケ・ダルドルップ氏(ベルリン・ブランデンブルク空港CEO)、ディートマー・ボイトケ氏(ブランブルク州首相)、ヨハン・ラングレン氏(イージージェットCEO)、ミヒャエル・ミュラー氏(ベルリン市長)(ベルリン・ブランデンブルク・ウィリー・ブラント空港提供。©Janine Schmitz/Photothek)

ベルリン・ブランデンブルク・ウィリー・ブラント空港が開港。左からカールステン・シュポア氏(ルフトハンザCEO)、アンドレアス・ショイアー氏(交通・デジタルインフラ相)、エンゲルベルト・リュトゥケ・ダルドルップ氏(ベルリン・ブランデンブルク空港CEO)、ディートマー・ボイトケ氏(ブランブルク州首相)、ヨハン・ラングレン氏(イージージェットCEO)、ミヒャエル・ミュラー氏(ベルリン市長)(ベルリン・ブランデンブルク・ウィリー・ブラント空港提供。©Janine Schmitz/Photothek)

(中村容子)

(ドイツ)

ビジネス短信 8341f7b57e2a2e01

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp