1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. フォード初となる電気自動車の生産をメキシコ州で開始

フォード初となる電気自動車の生産をメキシコ州で開始

(メキシコ)

メキシコ発

2020年11月11日

フォード・メキシコは11月4日、メキシコ州のクアウティトラン・イスカリ工場でグループ初となる100%電気自動車(EV)の生産開始記念式典を開催した。同式典には、メキシコ州のアルフレド・デル・マソ知事も出席した。生産を開始するEVはスポーツ用多目的車(SUV)タイプの「マスタング・マッハE」で、同社の伝統的スポーツカーの名称を引き継ぐ。クアウティトラン工場は、2019年半ばまでガソリンエンジンの小型車フィエスタを生産していたが、マスタング・マッハEの生産開始に合わせて工場設備を刷新したため、1年ほど本格操業が停止されていた。国立統計地理情報院(INEGI)のデータによると、既に2020年2月からマスタング・マッハEは少量ながら生産されていたが、本格的な生産はこれからとなる。

フォードはメキシコ進出95年の歴史を持ち、クアウティトラン工場も56年の歴史がある。フォード・メキシコのエクトル・ペレスCEO(最高経営責任者)は、同工場で働くメキシコ人労働者の能力と経験が、フォード初のEV生産を同工場で行うと決断する要因だった、としている。また、エンリケ・アライサ製造部長は、世界の市場に向けた車であるため、メキシコの地理的優位性がフォードの戦略上最適だったとしている(同社プレスリリース11月4日付)。

INEGIによると、現時点でムスタング・マッハEは、米国のほかはドイツにしか輸出されていないが、今後は米国とカナダに加え、欧州20カ国に輸出する計画がある。メキシコは大西洋にも面しており、欧州とも自由貿易協定(FTA)を締結しているため、フォードのみならず、フォルクスワーゲン(VW)やマツダ、フィアットクライスラー・オートモービルズ(FCA)が欧州向け製造拠点としてメキシコを活用している。

テスラは2割以上の部品をメキシコから調達

メキシコにおけるEV販売台数は2019年に305台にすぎず、国内販売台数全体(大型バス・トラックを除く)の0.02%。プラグインハイブリッド車(PHEV、2019年:1,339台)、ハイブリッド車(HEV、2万3,964台)と比べても普及が遅れている。国内市場規模は小さいが、メキシコの自動車生産の88.9%が輸出向けで、EVやHEVもメキシコの場合は輸出需要を視野に入れた生産となる。フォードは、北西部ソノラ州エルモシージョ工場でミッドサイズセダンのフュージョンと高級車リンカーンブランドのミッドサイズセダンMKZのHEV仕様を、主に米国向けに生産している。

米国で生産されるEV向けに部品を輸出するメキシコの自動車部品メーカーもある。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が発表する、米国自動車ラベリング法に基づく各自動車メーカーの報告によると、EV専業メーカーのテスラが米国で生産している2020年モデルのEVの総部品費用に占めるメキシコ製部品の比率は、7カーライン(モデル)平均で20.5%に達する。同様に、ドイツのBMWが米国で生産しているSUVのX3のPHEVモデル(X3 30e)の総部品費用のうち、16%がメキシコ製の部品だ。

(中畑貴雄)

(メキシコ)

ビジネス短信 634f39255f90013c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp