1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. SKハイニックス、スマホやゲーム向けメモリー好調で大幅増益

SKハイニックス、スマホやゲーム向けメモリー好調で大幅増益

(韓国)

中国北アジア課

2020年11月10日

韓国半導体大手SKハイニックスが11月4日発表した2020年第3四半期(7~9月)の連結決算外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、スマートフォンやゲーム機向けの半導体メモリーが好調で、売上高は前年同期比19%増の8兆1,290億ウォン(約7,479億円、1ウォン=約0.092円)、営業利益は2.8倍の1兆3,000億ウォン、純利益は2.2倍の1兆780億ウォンだった(添付資料表参照)。

前期(4~6月)比では、売上高が約6%、営業利益が約33%、純利益が約15%、それぞれ減少した。第1~2四半期に活発だったデータセンターの拡張投資が一巡したことなどから、同サーバー向けのDRAMとNAND型フラッシュメモリーの価格が低迷したことが要因だ。

売上高の7割強を占める主力のDRAMは、新機種スマートフォンや休暇シーズンに発売予定の次世代ゲーム機向けグラフィック向けの需要増が増益に貢献した。新型コロナウイルスの感染拡大による、在宅勤務やオンライン教育の拡大でパソコン向けも堅調だった。

売上高の約4分の1を占めるNAND型フラッシュメモリーは、スマートフォン向けと次世代ゲーム機のソリッド・ステート・ドライブ(SSD)向けが好調だった。中国のスマートフォン需要の回復も増収増益を後押しした。

SKハイニックスは10月20日、米国インテルのNAND事業を90億ドルで買収すると発表した。決算発表の電話記者会見外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで、李錫熙(イ・ソクヒ)社長は「インテルのNAND事業買収により最先端のSSD技術を獲得し、同事業の売上高を今後5年間で3倍に引き上げ、収益構造のバランスを調整する」と述べ、NAND事業をDRAM事業と並ぶ収益の柱に成長させる長期戦略を示した。

(原実)

(韓国)

ビジネス短信 2a0ee87251ac3123

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp