1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2021年1月から最低賃金を4.1%引き上げ

2021年1月から最低賃金を4.1%引き上げ

(チェコ)

プラハ発

2020年11月24日

チェコ政府は11月16日、最低賃金(月額)を2021年1月1日から現行より4.1%、金額にして600コルナ(約2,820円、1コルナ=約4.7円)引き上げ、1万5,200コルナとすることを決定した。1時間当たりでは87.30コルナから90.50コルナに引き上げる。これにより、平均賃金に対する最低賃金額の割合は現在の40.5%から42.4%に上昇する。

最低賃金の引き上げ幅に関しては、労働組合側は1,400コルナ、雇用者側は現状維持を提示していた。これに対して、労働・社会福祉省は400、900、1,400、1,800コルナの4つの場合で検討していたが、最終的には連立与党内で600コルナの引き上げ幅を決定するかたちとなった。

チェコでは最低賃金は保証賃金の最低額を指す。保証賃金は、職務の性格により分類された8グループそれぞれに適用される最低限の賃金として規定されている。上述の最低賃金が適用されるのは最も単純な仕事とされる第1グループの職種で、第2~8グループでは最低賃金を基準としてこれを上回る保証賃金が設定されている(添付資料表参照)。

労働・社会福祉省によると、最低賃金の引き上げにより、民間企業で総計14億コルナ、公的機関では5,400万コルナの年間賃金コストの上昇が予想されている。一方、国庫収入としては、3億3,000万コルナの社会保険料歳入増と、1億4,000万コルナの健康保険料歳入増が見込まれている。

(中川圭子)

(チェコ)

ビジネス短信 0478c147bf0ee540

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp