1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 9月の自動車販売、祝祭シーズン特需で乗用車、二輪車ともに好調

9月の自動車販売、祝祭シーズン特需で乗用車、二輪車ともに好調

(インド)

ベンガルール発

2020年10月23日

インド自動車工業会(SIAM)は10月16日、9月の自動車統計(出荷ベース)を発表した。乗用車販売〔多目的車(UV)とバンを含む〕は、祭事期の特需に向けて各メーカーがディーラーへの出荷を増やしたことで、前年同月比26.5%増の27万2,027台に拡大した(添付資料表1参照)。うち、一般乗用車は28.9%増の16万3,981台、UVは24.5%増の9万6,633台、バンは10.6%増の1万1,413台と、いずれも2桁台の伸び率を記録した。

主要メーカー別でみると(添付資料表2参照)、主要メーカー12社のうち、8社がプラス成長だった。首位のマルチ・スズキは前年同月比33.9%増の14万7,912台と堅調な伸びを続けた。特に、エントリーレベルの小型車である「アルト」「エスプレッソ」「ワゴンR」「スイフト」および「バレノ」の出荷が44%増え、販売増に大きく寄与した。2位の現代自動車は、小型スポーツ用多目的車(SUV)の「ベニュー」と「クレタ」の好調な販売を中心に、23.6%増の5万313台となった。また、3位の起亜自動車も、市場に新しく導入した小型SUV「ソネット」および「セルトス」の堅調な売れ行きで、約2.5 倍の1万 8,676台となり、最も高い伸び率を示した。日産、トヨタなどを含む4社は減少がまだ続くものの、各社の販売は持ち直しの傾向をみせている。

 二輪車は、前年同月比11.6%増の184万9,546台となり、8月の3.0%増から成長が拡大した(添付資料表3参照)。うち、スクーターの販売台数が0.1%微増の55万6,205台となり、前月の12.3%減からほぼ前年と同水準に戻した。良好なモンスーンの降雨により農業が好調だったことを受けて、オートバイは17.3%増の122万4,117台と、2桁の伸びを続けている。

乗用車、二輪、三輪車を含む全体の自動車販売総数は、前年同月比10.4%増の214万213台だった(商用車の単月販売データは2020年4月以降、公表されていない)。9月の販売について、SIAMは「昨年9月の販売が低水準だった影響もあるが、祭事期の特需や自動車ローンの金利が8%未満に低下していることなどが販売を押し上げており、これは今後も需要を支えていくだろう」との見方を示した。

2020年度上半期(4~9月)の販売台数は、乗用車が前年同期比34.0%減、二輪車が38.3%減、商用車が56.0%減となっている。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 efdaa620127f886d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp