1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 連邦政府、アストラゼネカと新型コロナワクチン調達契約

連邦政府、アストラゼネカと新型コロナワクチン調達契約

(スイス)

ジュネーブ発

2020年10月20日

スイス連邦政府は10月16日、英国製薬大手アストラゼネカおよびスウェーデン政府と、同社が開発するAZD1222新型コロナワクチンの530万回分の調達契約を締結したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

欧州委員会は同社と、薬事承認を前提として最大4億回分の同ワクチンの事前購入契約を締結している(2020年8月18日記事参照)。欧州委はそのうち3.3%を欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国に再販売することを認め、そのうちスイスとノルウェー、アイスランドについて、スウェーデンが10月15日に再販売業務を引き受けたことを発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますしている。スイスへの調達分はこのEUからの再販売枠を利用したものだ。アストラゼネカは同ワクチンのスイスへの薬事承認申請を10月初めに行っており、これが承認され次第、ワクチンは直接スイスに出荷されることとなる。

スイスは自国民に対する新型コロナワクチンの供給多様化に取り組んでいる。8月7日には米国バイオテク企業モデルナとmRNAワクチン450万回分の調達契約を結んだ(2020年8月13日記事参照)ほか、今回のウイルスベクターワクチンの調達に加え、他の企業ともワクチン供給について協議中という。また、国際的なワクチン開発フレームワークCOVAXにも参加し、国民人口の20%(165万人)分のワクチンを確保する見込みとしている。

ワクチンと並んで重要な新型コロナウイルス感染症治療薬についても、連邦政府は2020年夏の時点でスイスのバイオ医薬品企業モレキュラー・パートナーズから免疫療法薬剤の供給を確保している。これを医療従事者やハイリスクグループに予防的に処方することも考えているという。

(和田恭)

(スイス)

ビジネス短信 df6bbf2564bad2cc

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp