1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 激戦のジョージア、オハイオでバイデン氏リード、米大統領選世論調査

激戦のジョージア、オハイオでバイデン氏リード、米大統領選世論調査

(米国)

米州課

2020年10月15日

米国コネチカット州のキニピアク大学は10月14日、大統領選挙での激戦が予想されるジョージア(以下、GA)、オハイオ(以下、OH)両州で実施した世論調査外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(注1)結果を発表した。それによると、大統領選の直接対決を想定した設問で、ジョージア州では、民主党の前副大統領ジョー・バイデン氏が共和党のドナルド・トランプ大統領を7ポイントリードした(バイデン氏51%、トランプ氏44%)。オハイオ州では、バイデン氏が1ポイントと僅差だがリードした(バイデン氏48%、トランプ氏47%)(注2)。

トランプ大統領の仕事ぶりについて聞いたところ、両州で「不支持」が「支持」を上回った(GA州:「支持」45%、「不支持」53%、OH州:「支持」47%、「不支持」51%)。

トランプ大統領の新型コロナウイルス対応についても、両州で「不支持」が「支持」を上回った(GA州:「支持」44%、「不支持」54%、OH州:「支持」46%、「不支持」51%)。

トランプ大統領の健康状態に不信感

トランプ大統領の健康状態に関して、本人が真実を語ると思うかという問いに対しては、「いいえ」がGA州で59%、OH州で56%と、ともに半数を超えた。一方、バイデン氏の健康状態について、本人が真実を語ると思うかという問いに、「はい」がGA州で50%、OH州で51%とほぼ半数だった。

希望する投票方法を聞いたところ、GA州では、選挙当日の投票希望が31%、郵便投票・不在者投票が30%、早期投票(注3)が39%、OH州では、選挙当日の投票希望が47%、郵便投票・不在者投票が30%、早期投票が21%だった。

新型コロナウイルスの感染防止のためにも、今回の選挙では有権者が早期投票を希望する傾向にあり、既に1,500万人が投票を済ませたという。GA州では早期投票の初日に11時間待ちの列ができた(「ワシントン・ポスト」紙電子版10月15日)。

(注1)調査実施時期は10月8~12日。対象者はジョージア州の有権者1,040人、オハイオ州の有権者1,160人。

(注2)リアル・クリア・ポリティクスの9月30~10月13日の全国世論調査平均値では、バイデン氏の支持率は51.5%、トランプ氏は42.3%。

(注3)実施されない州もあるが、選挙日前早期に公共の場で投票できる制度。

(松岡智恵子)

(米国)

ビジネス短信 1a385dafe8d23c71

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp