1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2021年の暫定予算声明を発表

2021年の暫定予算声明を発表

(サウジアラビア)

中東アフリカ課

2020年10月14日

サウジアラビア財務省は9月30日に、2021年の暫定予算声明を発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)した。政府は、2021年の歳入を前年比9.9%増の8,460億リヤル(約23兆6,880億円、1リヤル=約28円)、歳出を7.3%減の9,900億リヤルと見込んでいる(添付資料表1参照)。

2020年は3月以降の原油価格の急落や、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2,980億リヤル(GDP比12.0%)の財政赤字となったが、2021年には緊縮財政策を通じて、1,450億リヤル(5.1%)に縮小させる見込みだ。他方、公的債務は2020年の8,540億リヤル(GDP比34.4%)から、2021年には9,410億リヤル(32.9%)と、金額ベースでは拡大する見込みになっている。

声明では、2020年以降の経済見通しにも言及している。2020年の実質GDP成長率は、IMF(6月)のマイナス6.8%という予測に対し、財務省はマイナス3.8%と予測している(添付資料表2参照)。また、新型コロナのパンデミックが収束し、各種封鎖措置が緩和され、経済活動や貿易収支が回復する結果として、2021年については3.2%、それ以降も3%以上の回復を示すと見込んでいる。

(米倉大輔)

(サウジアラビア)

ビジネス短信 08144d2bfe375718

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp