1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 特許審査待ち件数が過去1年間で30.4%減少

特許審査待ち件数が過去1年間で30.4%減少

(ブラジル)

サンパウロ発

2020年08月19日

ブラジル産業財産庁(INPI)は7月16日、2020年1月から6月末までの特許審査処理状況に関する報告書を発表した。同庁が主要戦略の1つとして掲げていた特許審査待ち件数を削減する「特許バックログ対策」などの成果について報告した。

これによると、2019年7月の同対策開始から約1年が経過した2020年6月末時点での特許審査待ち件数の削減率(バックログ削減率)は30.4%となり、2020年の目標の52%、2021年の最終目標である80%に到達する可能性が高いことが示された(添付資料表参照)。

一方、優先審査を用いた特許出願について、査定までの期間が2019年の18カ月から13.4カ月へと短縮し、2020年の目標の12カ月に向かって順調に進んでいる。

INPIでは、7月30日から、スタートアップ企業を対象とした特許の優先審査についても導入しており、9月1日からは、既にブラジル市場に投入された製品や、公的資金による研究成果に関する技術を含む特許出願について、優先審査を受けることができるように対象を拡大する。

特許の優先審査は、日本特許庁と協力の上で進めてきたブラジル国内のイノベーションと競争力を促進するためのINPIの重要な施策で、バックログの解消に伴い特許審査の迅速化が進むことで、さらなる特許制度の環境が整備されることが期待される。

(貝沼憲司)

(ブラジル)

ビジネス短信 cfe3a7f166377ac6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp