1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 上半期の日本の対アフリカ輸出は13.7%減

上半期の日本の対アフリカ輸出は13.7%減

(アフリカ、日本、南アフリカ共和国、ナイジェリア)

アディスアベバ発

2020年08月18日

日本の財務省貿易統計によれば、日本の2020年上半期の対アフリカ貿易(通関ベース)は、輸出が39億2,094万ドル(前年同期比13.7%減)、輸入が41億6,624万ドル(1.2%増)となった。輸出額の減少には、乗用車(36.6%減)や自動車部品(33.7%減)が影響した。

品目別にみると、輸出では、便宜置籍船の仕向け先となるリベリア向けを中心に船舶(構成比27.6%、前年同期比2.1%増)が前年同期とほぼ変わらなかった。自動車は、乗用車(13.5%、36.6%減)、貨物自動車(8.9%、9.7%減)、バス(5.0%、3.0%減)といずれもが減少し、自動車部品(3.0%、33.7%減)も落ち込んだ。熱延鋼板(5.0%、18.5%増)は、日本国内を含む製造業の需要減退に伴って価格が低下し、アフリカの需要家に対して売りやすくなったとみられる。

輸入では、南アフリカ共和国からの白金族(プラチナ、パラジウム、ロジウム、イリジウム)が全体の41.4%を占める。パラジウムやロジウムの大幅な価格上昇が影響して前年同期比38.0%増だったが、輸入量はむしろ減少した。上半期における天然ガスの輸入は、アフリカ地域ではナイジェリアが唯一の相手国だった。日本の天然ガス輸入は、全体では金額で15.7%減、数量で5.7%減となった中で、もともと他の産地と比べて割安なナイジェリア産に値頃感が出たため、スポットでの輸入量が増えたとみられる。鉄鉱石は、南アからの調達が金額(36.9%増)、数量(10.5%増)ともに増えた。

日本の2020年上半期の貿易総額に占める対アフリカの割合は、輸出入それぞれで1.3%に過ぎない。アフリカ地域における貿易相手の上位国をみると、輸出では、リベリアが最大で11億401万ドル(構成比28.2%)、南ア(20.2%)、エジプト(13.3%)、ケニア(8.2%)、ナイジェリア(3.7%)となった。輸入では、南アが最大で25億9,038万ドル(62.2%)、ナイジェリア(9.1%)、エジプト(4.5%)、アルジェリア(3.7%)、モロッコ(3.5%)だった。日本の上半期の輸出が前年同期比で増えた国は25カ国、輸入では17カ国あった。

(関隆夫)

(アフリカ、日本、南アフリカ共和国、ナイジェリア)

ビジネス短信 cc039b161a655c99

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp