1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 7月の自動車販売、乗用車、二輪車ともに回復の兆し

7月の自動車販売、乗用車、二輪車ともに回復の兆し

(インド)

ベンガルール発

2020年08月19日

インド自動車工業会(SIAM)は8月11日、7月の自動車統計を発表した。乗用車販売台数〔多目的車(UV)とバンを含む〕は、前年同月比3.9%減の18万2,779台と引き続き減少したが、ロックダウンの段階的な解除により市場は回復の兆しをみせ始め、減少幅は約5割減となった6月より大幅に縮小した(添付資料表1参照)。うち、一般乗用車は12.0%減の10万2,773台、バンは18.8%減の8,622台と、それぞれ2桁台の落ち込みがまだ続いているが、販売はいずれも前月に比べ、ほぼ倍増した。一方、UVは13.9%増の7万1,384台と、5カ月ぶりにプラス成長に転じ、乗用車全体の需要回復に大きく寄与した。

主要メーカー別でみると(添付資料表2参照)、首位のマルチ・スズキは前年同月比1.3%増の9万7,768台と半年ぶりにプラスに転換した。2位の現代自動車が2.1%減の3万8,200台、3位のマヒンドラが34.5%減の1万1,025台など、ほぼ軒並み減少が続くが、前月に比べると、各メーカーの販売に持ち直しの傾向がみられた。車種別では、小型SUV(スポーツ用多目的車)およびエントリーレベル小型車の需要が著しく、スズキの「アルト」「エスプレッソ」「ビターラブレッツァ」、現代の「ベニュー」「クレタ」、起亜の「セルトス」、ルノーの「トライバー」などの販売が好調だった。

二輪車部門の7月の販売台数は、前年同月比15.2%減の128万1,354台にとどまり、引き続き減少したが、6月の38.6%減に比べ、減少幅を縮めている。うち、スクーターの販売台数が36.5%減の33万4,288台、オートバイは4.9%減の88万8,520台と、需要はそれぞれ回復基調にある。政府による農業セクターへの経済支援策の発表や、平年並みのモンスーン期(雨季)の降雨などの要因を背景に、地方部の需要回復は都市部よりも早く、農村部は今後も二輪市場の拡大を支えていくと予想されている。

商用車の7月の販売実績は発表されていないが、乗用車、二輪車、三輪車を含む7月の自動車販売は、前年同月比16.0%減の147万6,861台だった。SIAMは今後の市場全体の見通しについて、「新型コロナウイルスの影響で、数カ月にわたって販売が激減していたが、7月は乗用車と二輪車がともに回復の兆しをみせ始めている。ただし、これが単なる(経済の回復より遅れて発生した)繰り延べ需要なのか、持続的な需要であるかは、8月の販売実績をみる必要がある」とした。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 ba039a661b408e83

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp