1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 携帯大手MTS、ロシア初の5G免許を取得

携帯大手MTS、ロシア初の5G免許を取得

(ロシア)

モスクワ発

2020年08月04日

ロシアの携帯通信大手MTSは7月28日、ロシアで初となる第5世代移動通信システム(5G)通信の営業免許を取得したと発表した。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、AR/VR(拡張現実/仮想現実)などの技術を活用した5G通信サービスを企業向けに提供する考え(添付資料表参照)。製造業向けサービスを近く開始するとしている。

免許の対象地域は83の連邦構成体で、割り当てられた周波数は24.25~24.65GHz。免許の期間は2020年7月16日から2025年7月16日の5年間。免許発行機関である連邦通信・IT・マスコミ監督局(ロスコムナドゾル)ウェブサイトによると、免許発行から2年後の2022年7月16日までにサービスが開始される予定。

MTS含め大手携帯通信各社は2018年から5G通信の実証実験を行っている。MTSは中国の華為技術(ファーウェイ)とスマート交通システムや3Dホログラフィック都市間通信の実験を行っているほか、スウェーデンの通信機器メーカーのエリクソン、地場トラック大手カマズと協力し、カマズの工場でビデオ監視や会議システムの運用、遠隔での従業員研修などに取り組んでいる。

ロシアでの5G通信導入に際しての課題の1つとして対象となる周波数帯が挙げられる。今回の免許の対象となった周波数はミリ波と呼ばれ、情報伝送容量は大きいが障害物に弱いため、比較的狭いエリアの通信向けとされる。広いエリアに利用できる3.4~3.8GHz帯は国防省などによって利用され、5G通信向けには開放されていない。通信事業者や政府内からの要請もあり、プーチン大統領が調整に乗り出すまでに至った(2019年6月19日付地域・分析レポート参照)。経済紙「ベドモスチ」(7月28日)によると、2019年8月に安全保障会議が通信事業者への割り当てに反対、プーチン大統領もこれに同意したとされる。2020年春にも同会議で再検討されたが、通信事業者の要望は却下された。

(浅元薫哉)

(ロシア)

ビジネス短信 a23ae7468fc26aa4

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp