1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 小型宇宙ロケットのコンペで、南部のスタートアップ企業3社が選出

小型宇宙ロケットのコンペで、南部のスタートアップ企業3社が選出

(ドイツ)

ミュンヘン発

2020年08月05日

経済・エネルギー省は7月14日、連邦政府の研究機関であるドイツ航空宇宙センター(DLR)のスタートアップ企業向け小型宇宙ロケット(マイクロランチャー)コンペで、南ドイツの3社が選ばれたと発表した。本コンペは、経済・エネルギー省とDLRが、宇宙ロケット打ち上げの商用化を目指す国内スタートアップ企業を総額2,500万ユーロで支援するもの。

今回選ばれた3社はそれぞれ50万ユーロの助成を受け、コンセプトのさらなる開発・具体化を進める。3社のうち、2021年春に実施予定のコンペを勝ち抜いた企業は、さらなる助成金と2022~2023年に2度の試験打ち上げの資格を得る。

経済・エネルギー省で、航空宇宙産業およびスタートアップ支援を担当するトーマス・ヤルゾムベク氏は今回のコンペの目的を、「小型宇宙ロケット分野で、既存の企業に加え、新たな有力企業をスタートアップ企業から生み出すこと」とした。経済・エネルギー省は、国自体が宇宙開発を進めるのではなく、同分野の商業化を進め、スタートアップ企業の技術・サービスを活用する方向にかじを切るという。

選ばれた3社は全て南部ドイツのスタートアップ企業だ。バーデン・ビュルテンベルク州に本社を持つハイインパルス・テクノロジーズ(HyImpulse Technologies外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は低コスト、かつ、高い品質を維持する小型宇宙ロケットを開発。7月9日には、ニコル・ホフマイスター・クラウト・バーデン・ビュルテンベルク州経済相が同社を視察するなど、注目が集まっている。

バイエルン州に本社を持つイザールエアロスペース・テクノロジーズ(IsarAerospace Technologies外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は2018年創業で、有効荷重1,000キログラムまでの小型衛星などを高度2,000キロメートル以下の低軌道に打ち上げる。同じくバイエルン州に本社を持つロケットファクトリー・アウグスブルク(Rocket Factory Augsburg外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は200キログラムまでを高度700キロメートルまで打ち上げることを目指す。

ドイツ航空宇宙産業連盟(BDLI)によると、宇宙産業分野における2019年の国内企業の売上高は27億ユーロで、従業員は約1万人に上るという。

(クラウディア・フェンデル、高塚一)

(ドイツ)

ビジネス短信 60c71bd585b2ae77

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp