政府は各種制限措置を延長、集合の人数制限は緩和

(ミャンマー)

ヤンゴン発

2020年08月03日

新型コロナウイルス予防・制御・治療国家中央委員会は7月29日、外出時のマスク着用義務や、午前0~4時までの夜間外出禁止、仕事の集まりや飲食店での飲食などを除く集会の禁止などの各種制限措置について、これまで緩和された措置を除いて、その期限を7月31日から8月15日まで延長すると発表した。なお、集会禁止措置については、これまでは5人以上の集まりが禁止されていたが、8月1日からは15人以上に緩和された。

また、国際旅客機の乗り入れや入国ビザの発給などの入国制限措置については、8月31日まで延長すると併せて発表した。

保健省の発表によると、7月31日時点までの新型コロナ感染者数は累計353人、回復者は累計295人、死亡者は6人、総検体数は11万2,381人となっている。経路不明の国内感染は長く確認されておらず、感染拡大は抑えられている。

(細沼慶介)

(ミャンマー)

ビジネス短信 1fe993fc5497ad13

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp