1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 政府が犠牲祭期間中の帰省を控えるよう要請

政府が犠牲祭期間中の帰省を控えるよう要請

(バングラデシュ)

ダッカ発

2020年07月31日

バングラデシュ政府は7月19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全ての政府機関と民間企業の従業員に対し、7月31日~8月2日の犠牲祭(Eid ul-Adha)期間中、故郷への移動を控えるよう要請する通達を発出した。ただし、バスなどの公共交通機関の運行には特に変更がないもようで、物理的に帰省を制限することは難しい状況だ。ダッカ日本商工会の調査によると、現地従業員に対する同期間中の移動制限の指示の有無については、日系企業の中でも対応が分かれているが、事実上、移動実態の把握は困難といえる。

また、保健省は7月21日、マスク着用の義務を再通知した(添付資料:ジェトロ仮英訳資料参照)。マスクの着用義務は以前から通知していたが、今回は犠牲祭を前に、国民にあらためて詳細な内容を示したと思われる。

今年の犠牲祭は例年の1週間程度に比べて期間が短く、帰省しづらい環境にあるとの見方もあるが、犠牲祭後の感染状況に留意が必要だ。

(山田和則、安藤裕二)

(バングラデシュ)

ビジネス短信 c27a277ebcd88bc8

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp