1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米テキサス州でバーに閉鎖命令、経済再開活動を一部見直し

米テキサス州でバーに閉鎖命令、経済再開活動を一部見直し

(米国)

ヒューストン発

2020年06月29日

米国テキサス州のグレッグ・アボット州知事は6月26日、州内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、5月22日以降段階的に再開を認めてきたバーの閉鎖などを命じた外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。テキサス州では6月23日以降、1日当たりの新規感染者数が6日連続で5,000人を超えている。主要感染源とされるバーについては、テキサスアルコール飲料委員会(TABC)が6月19日以降、州知事令で認められた範囲を超える来店者のあった店舗の営業停止処分に乗り出していた。今回、さらなる感染予防策として、これまでの再開活動の一部見直しに踏み切った(これまでの動きは別添資料参照)。今回の州知事令に含まれた主な措置は以下のとおり。

  • 6月26日正午以降、アルコール飲料の売り上げが総売り上げの51%以上を占めるバーなどの閉鎖。ただし、アルコール飲料を含め配達および持ち帰りサービスは可能(注1)
  • 6月29日以降、飲食店の店内営業の来店者を収容人数の50%以下に制限(現行の75%から50%に引き下げ)(注2)
  • 100人以上の屋外集会の開催は原則、自治体の承認が必要

また、感染拡大への対応として、アボット知事は25日、州内主要4郡(注3)で26日以降、緊急でない手術などを先送りにし、病院で十分な収容力を確保すると発表した。ヒューストンにある世界最大級の病院群テキサス・メディカル・センターでは毎日、ICUの利用状況を公表している。6月27日時点で、ICUベッド1,330床のうち1,232床が利用されており、利用率は93%(そのうち新型コロナ患者の利用は31%)となっているが、緊急でない手術などの延期により373床を追加で確保でき、緊急対応でさらに504床の用意も可能とされている。ただし、平常時の上限に到達していることから、同センターは現状を「黄色信号」に例えている。

(注1)バーの営業は5月22日以降、収容人数の25%以下、6月3日以降は50%以下で認めていた。

(注2)飲食店の店内営業は5月1日以降、収容人数の25%以下、5月22日以降は50%以下、6月12日以降は75%以下で認めていた。

(注3)ベア郡(郡庁所在地:サンアントニオ市)、ダラス郡(ダラス市)、ハリス郡(ヒューストン市)、トラビス郡(オースティン市)

(小山勲)

(米国)

ビジネス短信 bbd465b75e0699fb

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp