1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 政府がさらなるロックダウンの緩和を決定、シンド州では日系自動車・二輪メーカーが操業再開

政府がさらなるロックダウンの緩和を決定、シンド州では日系自動車・二輪メーカーが操業再開

(パキスタン)

カラチ発

2020年06月03日

連邦政府は6月1日、パキスタン国内の各州知事らと会議を開催し、外出禁止措置(ロックダウン)の緩和を決定した。ロックダウンの緩和は5月9日に続いて2回目。詳細な措置については各州に委任されることとなった。カーン首相は会議の中で「ワクチンが開発されるまでは、新型コロナウイルスと共に生きていかねばならない。そのためには標準行動手順(SOP)を厳守してほしい」と国民に強く呼びかけた。

連邦政府の決定を受け、パキスタン南部シンド州(州都:カラチ)政府は6月1日、州令(No.SO(J-I)/8-1(04)/2020-Corona外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を発出した。SOPを順守することを条件に、自動車メーカーを含む製造業の再開などを許可した。同令の中で、教育機関、レストラン、映画館など、引き続き閉鎖を求められている業種を除き、全ての業種で事業を再開できることとなった。

これまで、スズキ、トヨタ自動車、ホンダ、ヤマハ発動機などが出資する在カラチ日系自動車・自動二輪メーカー各社は、州政府から個別許可を取るなど、6月以降の操業再開に向けて5月下旬から準備を進めていたが、今回の発令により本格生産に踏み出すこととなった。

引き続き、閉鎖措置や停止措置がとられる業種・活動は以下のとおり。

  • 教育・研修訓練施設
  • 結婚式場、ビジネスセンター、展示場
  • 接触をともなうスポーツ、屋内スポーツクラブ、屋内ジムおよびスポーツ施設
  • 屋内、または屋外で行うスポーツのトーナメント
  • レストラン、カフェ(テイクアウトと宅配を除く)
  • テーマパーク、遊園地、アーケード
  • 美容室、スパ
  • 映画館、劇場
  • 街中での行進、集会(内容を問わない)、宗教施設
  • 観光業、観光ホテル

なお、営業日、営業時間は薬局と必須サービスを除いて、週5日(月~金)、午前6時から午後7時までと定められた。土日は原則的に外出禁止となる。また、事務所や事業所、店舗でSOP違反が見つかった場合は、業種を問わず営業・操業許可が取り消され、閉鎖を求められる。シンド州内の公共交通については、6月2日に関係者間でSOPについて最終協議した後に再開される予定となっている。

(山口和紀)

(パキスタン)

ビジネス短信 146760c12b97d66d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp