1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 高付加価値生産活動に特化した新たなフリーゾーンの設置を発表

高付加価値生産活動に特化した新たなフリーゾーンの設置を発表

(トルコ)

イスタンブール発

2020年06月19日

トルコのルフサル・ペキジャン貿易相は6月9日、ITセクターなどの高付加価値分野に特化した新たなフリーゾーンの設置と、関連する支援策を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。支援策としては、免税、賃貸支援、雇用支援などのインセンティブを提供すると述べた。なお、対象分野は「研究開発(R&D)、ハイテクノロジー、高付加価値生産活動」と幅広く示されており、具体的な対象業種までは明示されていない。

政府は、今回の特化型フリーゾーン設置の第1号として、以前から設置されていたイスタンブール・アタテュルク空港フリーゾーンを、新たに「イスタンブール・スペシャライズド・フリーゾーン」とし、ITセクターに特化・改編した。ペキジャン貿易相は「このフリーゾーンモデルで、サービスセクター、特にソフトウエアとゲーム開発のダイナミズムを加速化させることを目指している」と述べた。この特化型フリーゾーンの入居企業には、コンピュータ・ソフトウエア、医療機器、電子機器などが含まれている。

6月9日付官報31150号大統領令2635号PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)によると、特化型のフリーゾーンには旧来のインセンティブに加えて、以下のような優遇措置が提供される。

  1. 同フリーゾーンの入居企業に対して、最大10人までの専門職の従業員の月額総賃金の50%を支援する。ただし、従業員1人当たり年間1万5,000ドルを上限とする。
  2. 同フリーゾーン内の土地や建物の賃料の50%を支援する。ただし、年間7万5,000ドルを上限とする。
  3. 同フリーゾーンを設立・運営する企業に対して、10年間で1,000万ドルを上限に、固定投資額の金利と配当金支払いの50%を支援する。

政府は、新型コロナウイルス終息後に向けた経済政策において、「デジタル化の重視」を打ち出しており、生産、サービスのあらゆる側面での支援を強化する方向にある。

(中島敏博、エライ・バシュ)

(トルコ)

ビジネス短信 132ce7924c2cd2b6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp