1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. カルナータカ州、第4期ロックダウン下で新たなガイドラインを発表

カルナータカ州、第4期ロックダウン下で新たなガイドラインを発表

(インド)

ベンガルール発

2020年05月22日

カルナータカ州政府は5月18日、内務省による5月31日までのロックダウン再延長の通達に基づき(2020年5月19日記事参照)、同州における新たな規制緩和措置を発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)した。

今回の第4期ロックダウンにおける緩和措置では、レッドゾーンのうち、特に深刻な感染が発生している封じ込めゾーンを除き、工場やIT関係などを含む民間オフィスの再開を可能としている。出勤できる職員数について、オフィスの場合は、第3期ロックダウン時(2020年5月12日記事参照)と同様に33%(3分の1)となっているが、工場の場合は全てのゾーンで100%まで可能となった。外出許可時間帯は、引き続き朝7時から夜7時までとなっている。

さらに、同州では、市内バス、オートリキシャ、タクシーサービスの営業再開が許可され、移動については、個人の車(乗客数は、最大、運転手のほか2人、二輪車は1人のみ、バスは最大30人のみ)が使用可能となった。一方、メトロは引き続き運行休止となっている。州間移動については、双方の州政府の同意があれば可能となっているが、新型コロナウイルスの感染状況が深刻になっているマハーラーシュトラ州、グジャラート州およびタミル・ナドゥ州からの移動は、5月31日まで禁止されている。州内移動、州間移動ともに、移動にはe-パス(注)と呼ばれる許可証を事前取得することが必要とされている。

州政府によれば、同州には約50万の工場(総ワーカー数は430万人)がある中、現時点で約6割が操業を再開しており、今後稼働率はさらに高まる見込みとのことだ。現在、ベンガルール市においては、オラやウーバーなどのタクシーサービスや市内バスサービスは再開されているが、ショッピングモール、映画館、レストラン、ホテル、学校、運動場など、人が集まりやすい場所の再開は、引き続き許可されていない状況だ。

なお、同州内の感染者数は拡大しているが、回復率は約39%まで上昇してきている。5月19日時点で、同州の感染者数は1,395人、うち811人が治療中、543人は退院している(カルナータカ州政府PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます))。

(注)e-パス申請については(https://sevasindhu.karnataka.gov.in/Sevasindhu/English外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を参照。

(遠藤壮一郎、ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 974259bec277a7b0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp