1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 新型コロナ対策で夜間外出禁止や経済対策を発表

新型コロナ対策で夜間外出禁止や経済対策を発表

(ケニア)

ナイロビ発

2020年03月27日

ウフル・ケニヤッタ大統領は3月25日、新型コロナウイルスの感染者を新たに3人確認したと発表した。最初の感染者確認から12日間で28人に拡大し、1人が回復した。ケニヤッタ大統領は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夜間外出禁止を含む、新たな対応策を発表した。

夜間外出禁止は、午後7時~翌朝5時まで、医療従事者や電力・通信事業者など特定業種を除き、3月27日からケニア全土で有効となる。違反した場合の罰金や罰則は明らかにしていない。ケニア政府は3月25日に貨物便を除く国際線の運航を停止しており(2020年3月25日記事参照)、在宅勤務や集会の自粛が進む中、経済の停滞が懸念される。

ケニヤッタ大統領は経済対策として、4月1日から付加価値税(VAT)を16%から14%に、法人所得税を30%から25%に、中小零細企業の源泉徴収税を3%から1%に引き下げると発表した。また、中小零細企業の廃業や失業者の増加を懸念し、ケニア中央銀行(CBK)は市場の流動性を確保するため、公定歩合を8.25%から7.25%に、預金準備率を5.25%から4.25%に引き下げるなど、具体的な緩和政策を打ち出した。

ナイロビ市内のスーパーマーケットや商業施設では、入場制限や体温計測の実施が始まっている。生鮮食品のデリバリーを開始した専門店も、注文から配達までに数日を要する状態だ。物流や経済活動の停滞による長期的な品薄にも注意が必要だ。

(久保唯香)

(ケニア)

ビジネス短信 b641eb28e11bcb95

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp